アマゾンAWSにブロックチェーンが登場

既にAWSでブロックチェーンシステムのサービスが開始したというニュースが流れていますが、もう少し詳しく紹介します。

今回ブロックチェーンに関するシステムレンタル(単一のサーバーを借りるわけでない)サービス提供は2つあります。

 

Amazon Managed Blockchain

Hyperledger FabricまたはEthereumを使用してブロックチェーンネットワークを簡単に構築できるシステムサービスです。

ブロックチェーンは中央管理によるユーザーを作るのではなくそれぞれの当事者がトランザクションを実行できる環境を構築しブロックチェーンネットワークに参加するためのプロビジョニングを設定したりと非常に煩雑です。また中央管理者から参加ユーザーの管理が出来ません。

そこで、Amazon Managed Blockchainは完全に管理できるサービスを提供しています。

 

各ノードの設定および証明書の管理、新しいメンバーの招待やストレージ、メモリなど使用状況の把握が可能です。さらに、AWS Key Management Service(KMS)によりセキュリティー保護されています。

また、ブロックチェーンに保存される不変のデータは元帳データーベースであるAmazon Quantum Ledger Database(QLDB)に蓄積されます。

 

Amazon Quantum Ledger Database (QLDB)

台帳型データーベースでログは中央で管理する事が出来、検証可能な変更履歴が長期間維持されます。

主に、銀行・保険・製造業・小売チェーン・企業人事などの労務管理に適しています。

 

台帳アプリケーションはカスタムリレーショナルデーターベースを構築する必要があり構築にコストや時間がかかります。そのためブロックチェーンフレームワーク(Hyperledger Fabric、Ethereum)を使用しますが、各ノードではトランザクションを検証する手間が発生します。

Amazon QLDBは台帳型データーベースで自分で構築する必要はなく、データー更新履歴は変更や削除が不可能でデーターが意図しない変更が発生しないよう暗号技術により容易に検証できます。

また、データーベースの全てにアクセスができ、クエリを実行しデーター分析が可能であり、QLDBはハッシュ関数(SHA-256)を使用してデーター検証されます。

さらに、QLDBはサーバーレスで動的にスケールアップしサーバー管理や読み書きの上限を設定する必要がありません。

ブロックチェーンシステムの構築は難しそうで良くわからない、システム構築に高額な費用が掛かるのではないか、そういった不安を払拭するシステムをアマゾンは提供しています。

 

関連記事:

米国ブロックチェーン技術における特許承認その4(アマゾン)