Mijin復活か「COMSA CORE」公開

ICO総合プラットフォーム「COMSA」COMSA CORE β版(テストネット)を公開

2018年12月18日 テックビューロ/プレスリリースより

テックビューロ ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ ホールディングス」又は「当社」)は、関連会社であるテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)より事業継承したICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業であるCOMSA CORE のβ版(テストネット)を本日公開いたしました。

 

「COMSA CORE」は異なるブロックチェーン間でトークン変換が可能なシステムです。

具体的には、トークンセール時にイーサリアムのブロックチェーンとNEMネムのブロックチェーンの双方で受付を行い、それらをCOMSAトークンに置き換え一元的に集約できるシステムとなります。

出典:テックビューロ/プレスリリースより)

COMSAを生かした活用例としては

1.Ethereum上のゲームアイテムをNEMブロックチェーン上で作ったゲームに組み込む事ができる。

2.Ethereum上で構築したアプリケーション内でNEMの投票機能を使う

3.店舗等で仮想通貨(暗号資産)を支払いとして決済する場合従来の様に限定せず幅広い仮想通貨(暗号資産)に対応できる。

また、「COMSA HUB」(開発中)を使用しパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン間でシステム接続が可能となる。

プライベートブロックチェーンシステム「mijin」を活用し相互互換を実現したりイーサリアムのスマートコントラクトも利用することができアプリケーションや互換性の拡張ができ画期的なシステムとなりそうです。

今後のロードマップテックビューロ/プレスリリースより

「COMSA」は当初のテックビューロ株式会社から「mijin」と共にテックビューロ ホールディングス株式会社に事業継承していたんですね。

【参考】

富士通 ブロックチェーン技術による銀行間決済の実証実験を行った。Zaifプロジェクトはどこいった?