公開日: 2018/12/22 

ブロックチェーン技術によるマスターカードの特許

 

「ブロックチェーンを介した電子取引の匿名化の為の方法およびシステム
(METHOD AND SYSTEM FOR ANONYMIZATION OF ELECTRONIC TRANSACTIONS VIA BLOCKCHAIN)」

2018年12月6日 米国特許商標庁より公開

概要

ブロックチェーントランザクションの匿名化のための方法は、秘密鍵と公開鍵を含む鍵ペアを格納するステップと、宛先アドレスおよび取引金額を含む匿名化要求をコンピューティングデバイスから受信するステップと、前記公開鍵に基づく中間アドレスを前記コンピューティングデバイスに送信するステップと、前記中間アドレスからなる特定のトランザクションデータ値および前記トランザクション量に基づく転送量を含む1つまたは複数のトランザクションデータ値とからなる1つのブロックをブロックチェーン内で受け取るステップと、前記秘密鍵を用いてデジタル署名を生成するステップと、新しいトランザクションデータ値および前記デジタル署名を前記ブロックチェーンに関連するノードに送信するステップである。

 

例によって複雑な表現ですが、この図(Fig.1)の示す通り従来のブロックチェーンは取引ID(トランザクション)により一見匿名性があるように見えるが、実際には全取引データを逆上って閲覧出来る為、IDの持ち主が特定できればそれに紐付いた全ての取引が誰でも調べることが出来てしまいます。

そこで、一般的なユーザーとして自身の取引履歴の情報を隠匿したいと考えるのは当然であり、その取引データをプロセッシングサーバーを介して行うようにすれば取引の送りて側には秘密鍵により履歴が閲覧出来るが受け取り側や第三者には見ることが出来ないというシステムです。

今後仮想通貨を使った代金の支払いなど電子商取引には必要になってくるかも知れません。

【類似記事】

インテル bitcoinマイニング効率化の特許を出願。電力効率は15%削減へ。